ダイハツ系でマレーシアの国民車メーカー、プロドゥア(Perodua)は、小型車「アジア(AXIA)」の販売台数が3年間で25万台に達したと発表しました。


プロドゥアは、2006年以来マレーシアでトップシェアを誇るメーカーですが、製造部門はダイハツの子会社で、プロドゥア本体も株式の41%はダイハツが握っており、車種は全てダイハツの姉妹車となっています。


この「アジア」は、初代ダイハツ ミライースと共通プラットフォーム採用の姉妹車ですが、見方によってはオリジナルのミライースよりシャープでイケメンにも見えますね。(^_^;)

<関連する記事>

【マレーシア】プロドゥアの小型車アジア、25万台目を納車 【マレーシア】プロドゥアの小型車アジア、25万台目を納車
…見た目も良いことに驚いた」と、アジアを購入した理由を語った。 プロドゥアのアジアは2014年に発売されて以降、プロドゥアの主力車種として販売好調を続け…
(出典:アジア・オセアニア(NNA))

新型「パッソ」はトヨタとダイハツの未来を指し示す“事件” 新型「パッソ」はトヨタとダイハツの未来を指し示す“事件”
…台のメーカーになるかもしれない。 ダイハツはすでに、マレーシア最大の国策自動車メーカー、プロドゥア社の筆頭株主になっており、ASEANで大きな成功を収…
(出典:産業(THE PAGE))

プロドゥア アジア
キャプチャキャプチャ rear

プロドゥアの商品ラインアップ
キャプチャ1

初代ミライース
DA_1308MiraEs01
oishii_228_02



スポンサードリンク