ヤマハが東京モーターショーにて、「クロスハブ(CROSSHUB)コンセプト」発表しました。

「19年をメドに検討」している様です。

このモデルの最大の特徴は、「ドライバーが車の真ん中」に位置している事でしょうか。

「まず欧州市場を考えているが、時期はまだ検討中」との事ですが、どんな形で発売されるのか、楽しみですね。


全長4490mm
全幅1960mm
全高1750mm

乗車定員4名








<関連する記事>

ヤマハ発、SUV試作発表 四輪車参入「時期は検討中」 ヤマハ発、SUV試作発表 四輪車参入「時期は検討中」
…100年に向けた製品を披露した。 最も注目を集めたのが、EVのコンパクトSUV(スポーツ用多目的車)。四つの電動モーターや自動運転機能を搭載し、スズキ…
(出典:経済総合(朝日新聞デジタル))

【第45回東京モーターショー2017】ヤマハの未来、MOTOMBOT(モトボット)がVer.2に進化 【第45回東京モーターショー2017】ヤマハの未来、MOTOMBOT(モトボット)がVer.2に進化
…同社は4輪自動車コンセプトモデルを紹介してきたが、今回はSUVで、ヤマハファンのためのSUVを考えたとのこと。CROSS HUB CONCEPTは広大…
(出典:産業(Impress Watch))

ヤマハ発動機の4輪参入、実用化に遅れも ヤマハ発動機の4輪参入、実用化に遅れも
…発表したのはオフロード車、「ヤマハらしい4輪車を実現したい」(柳弘之社長) スポーツ多目的車(SUV)「クロスハブコンセプト」を東京モーターショーで世…
(出典:産業(ニュースイッチ))
  
YAMAHA CROSSHUB
sirabee20171027motorshowccar005-600x400
1237364
171025_yamaha_02
Yamaha-Cross-Hub-Concept-4
yamaha_cross_hub_002
mainvisual_720x540
37925205881_fbbf781964_b
24074288538_6b7abd58af_b
37872130956_740d63aa6e_b



スポンサードリンク